How i edit my videos

以前までは、Adobe Premire pro を使ってデスクトップに向かってコツコツ作業していたけど、家にいる時以外の作業ができなくて効率が悪かったり。(Macbook Airはスペック不足だし、、)どこにいてもオフラインで気軽に作業できる画期的な動画編集アプリはないかなー。と探していたら、私のやりたいことをほぼ叶えてくれる画期的なアプリにやっと出会えた!

そんな動画編集についての質問は、日頃からよくもらっていたので、これを機にまとめてみようと思います♡

○Tool○

iPad pro 11インチ 256GB

2019年、買ってよかったものナンバーワン。写真の加工、動画の編集、ノートとして使ったり、映画見たり、ほとんどの事ができる!どんなに時間があってもこれさえあれば私はいくらでも時間を潰せます♡笑

動画を編集したり重いデータを扱うけど、外付けのメモリーを使ったりできるから256GBでも十分すぎるくらい。

○App○

LumaFusion

私のおススメの動画編集アプリです。直感的に指先で操作できる気持ちの良さ!

他のアプリでは簡易的なことしかできなかったけど、映像のスピードも細かく調整できたり、テキストのフォントも好きなものをインポートして使えたり!少し値段がしても一回買ってしまえば、それ以上の課金も全くなしの優良アプリです。

◎LumaFusionの好きなことろ◎

#1 使いたい動画の素材をGoogleDriveやDropboxからインポートできる。

“Dropboxから使いたい動画をアプリにインポート→作り終わった動画をフォルダ分けして、Dropboxに保存”

というような形で素材はクラウド上で管理しています。書き出しサイズも幅広く選択できるから嬉しい♡

動画の縦横比も

IGストーリーズ 9:16/Instagram 4:5/スクエア 1:1 etc…

と設定から選べて、編集しながら途中で変えることもできる。16:9で作るけど、インスタ用に4:5やスクエアにしたいなんて時も作りながら変えられる。

#2 カラコレ

動画のカラコレは、フリーダウンロードしたLUTをダウンロードしています。細かい動画の色相コントロールもできて、ほんと素晴らしいアプリ!

fresh LUTsというサイトからDLさせてもらっています。

#3 フォントの追加

テキストのフォントもダウンロードして、アプリ内で使えます。デフォルトのフォントにお気に入りがなくても外部から追加してカスタマイズできるのが、このアプリの好きなところ!

ここ最近作っている動画はすべて、このアプリ一つで作っています。私はこのアプリで今のところ大満足!仕事効率がぐーんとアップしました。

iPad×LumaFusionは今のところ最高タッグ。長時間フライトの移動中もオフライン編集できて、かなり助かっている!!

アイデアが浮かんだ時にカバンからサッと出していつでもどこでも編集できる環境があるのは、私の動画作成における最大のメリットです。

完成したプロジェクトは、そのままエクスポートorシェア。書き出し時間が遅いなんてこともない。編集もスムーズで動作も固まらず優秀。

○Music○

映像の音楽はArtlistという、サブスクリプションのサービスを使っています。

Download

フォント、LUT、音源などのダウンロードはDocumentsというアプリを利用しています。

○Other○

よく質問でもらう、フィルム風のアプリは’8ミリカメラ’.

VSCO

VSCOのメンバーシップになっているので、VSCOから動画にフィルターをかけることもあります。とても便利!

iPadで作った動画はそのままAir DropでiPhoneへ共有しています。

スキルやセンスもまだまだ足りないけど、何より思い出に浸りながら動画を作る時間が最高に楽しい♡これからも映像として思い出を形に残していくことは、いつまでも続けていきたいな 🙂

ヤフークリエイターズにも、旅先の様子を公開しているのでよかったら見てください♡

Yahoo!クリエイターズ