Saudi Arabia

サウディア航空さんの4日間のプレスツアー!

厳格なイスラムのイメージがあったサウジアラビア。私にとっても未知なる国でら一生のうちに行ける日がくるなんて思ってもいなかったので、突然のビザ解禁にびっくり。閉ざされていた国の扉が開かれるような。そんなタイミングで行くチャンス到来!

※2020年4月現在 コロナウイルスによりビザ発給をストップしています!!!涙

また安全にみんながサウジアラビアへ行くことができる日が一刻も早く戻って来ますように!これからの皆さんの旅先リストにサウジアラビアが仲間入りできるように、参考になればいいなぁ♡

ざっとスケジュールと訪れた場所は、こんな感じ。

サウディア航空に乗ってリヤドまで。飛行機に乗ったらまず、アラビックコーヒーとデーツのおもてなしが♡

浅煎りのコーヒーに、カルダモンの風味が合わさって飲みやすい!コーヒー < ティーのようなかんじ。お茶のように飲みたくなる飲みやすさ。デーツをつまみながらがアラビックスタイル。おいしー!

シンガポールから搭乗して、ジェッダというビーチエリアを経由してからリヤドへ。

ジェッダはカラフルな街並みとエメラルドブルーの海があるみたいで、今回は夜のトランジットのみだったから、次はゆっくり訪れたい都市。

ビザ解禁で今までなかった観光客を受け入れることになって、どんな感じなんだろう〜!と未知なる国に足を踏み入れる事にワクワクだったけど、入国もスムーズ、SIMカードのプランも選びやすかったし、宿泊先までスムーズに到着!笑

リヤドは、まとまった場所に観光スポットがあるから1〜2日あれば楽しめそう。街の移動も、UBERやCareemの配車アプリで問題なし。道路もキレイに舗装されていて、大きなモール、オフィスビルもたくさん。

サウジアラビア国内でも、このビザ解禁とともに娯楽や宗教ルールが緩和がされたようで、今までやりたかったこと、我慢してきたことを思いっきり楽しんでいる人たちばかりで活気にあふれていた!

好きな音楽を聴けるようになった!とか、あだ名も自由に付けられるようになったんだ〜!と喜んでたり、ヒジャブだって着崩して髪型を楽しんでいたり。そして美人さんばかりで癒された…♡ぽっ

リヤドで開催されていた、リヤドシーズンの移動式遊園地。アトラクションの数も絶叫マシンもハイレベルだし、みんな目がキラキラさせながら楽しんでいてほっこり。

サウジアラビア1日目に周ったスポットはこちら、

Masmak fortress

3153 Al Thumairi St

中心地からすぐのお城、マスマクフォート。サウジアラビアのテキスタイルやディテールがツボでした。イスラムのお国の中で1番好きかもしれない!

National Museum of Saudi Arabia

King Faisal Rd,Al Murabba

サウジアラビア博物館で歴史をたどる。

どの国も昔は土器とか石や動物の骨を使ってアクセサリーを作って、今はネットとかピンタレストですぐアイデア吸収できるけど、昔は他の国の情報がない中ものづくりの習慣、歴史が似ていて不思議だなぁ。同じ中でもその国の土地柄とか風習が表現されてたり興味津々。

スークで見つけたサウジアラビア産の香木。煙にのせて身にまといつくような甘い香り。

おじさんたちが家からかき集めた物を持ち合わせて、路上フリマで賑わう1コマ。 マニアックで気になる品の数々。

イスラムはニャンコ大国。かわいい三つ子ちゃん発見♡

Halib Wahil Traditional Saudi Cuisine Restaurant

Makkah Al Mukarramah Branch Rd Al oalaya

ツアー初日は、参加しているメンバーで顔合わせ。伝統的な料理をいただけるお店へ。食材、スパイスの炊き込みご飯の’カブサ’国民食の’ホブス’と呼ばれるパン、ヨーグルトを使ったソース、デーツも使われていたり。私のお気に入りは、デザートの’カターイフ’というパンケーキ♡

みんなで楽しい時間を過ごしました。